Philinter

セブのリゾートマクタン島にある設備充実の人気学校

philinter

学校概要

学校・寮は空港のあるマクタン島に在り空港にも車で5分の距離と近く、新校舎ならではの快適な留学生活をおくれます。また常勤の日本人担当スタッフが日本人留学生のケアをしてくれます。校長は日本在住歴15年で、日本の文化などを良く理解しています。授業は活気があり、講師の採用と教育を徹底しておりますので、講師の質が高いです。レベル分けも細かく、個々の英語すきるが分野ごとに細かく診断されるため、効率的に英語力をアップさせることができます。又、語学学校では極めて稀な土曜の午前中でも2コマ無料のグループレッスン(参加は任意)を行っているため、しっかり勉強したい方にも好評です。2011年から台湾人、中国人生徒(時期によりベトナム人生徒も)が増えてきており、フィリピンの語学学校の中では多国籍な語学学校となっています。学食の食事もバラエティを増やしていますが、日によっては口にあわないこともあると思われるため、”ふりかけ(ご飯は食べ放題)”を持参されることをお勧めします。一方、調理に上質な油を使用、肉の脂部分を丁寧に取り除く等、健康面への配慮が伺えます。人気が高すぎで常に満室な為、2012年10月に40名収容が可能な『ホテルタイプシーサイドドミトリー』(=2人部屋のみの外部寮)もオープンしました。

★2009年3月30日に移転した綺麗な校舎です。
★リゾートの利用やマリンスポーツに便利な立地(外部業者のオプショナルツアーはマクタン島のみ無料送迎有)です。
★徒歩圏内にショッピングモール・日本食レストランなどがあるため生活が便利です。
★講師育成プログラムを徹底的に運用しており講師の質・授業の満足度が高いです。
★講師は『会話専門』、『文法専門』など専門分野に分かれており、各分野のスペシャリストから授業を受けられます。
★欧米のネィティブ講師が3名常勤しているため、欧米留学前のプレ留学先の学校としても最適です。
★セブシティよりも空気がきれいなマクタン島に位置しています。
★BUDDY TEACHER SYSTEMで担任の先生が生徒を徹底的にサポートします。
★校長は現地のセブ英語学校協会、会長を務めました。(2008~2009年)
★不定期(2カ月に1度程度)で外部機関主催のボランティアに週末参加可(参加費は500ペソで現地払)。
※服装規定=タンクトップ、極端に短いと学校が判断するホットパンツの着用禁止
※内部寮、女性の2人部屋は、ルームメイトが日本人になる可能性有。

本ページ以下内容のインテンシブコースとジュニアコースは2013年1月1日以降ご出発の方に限り受付可能です。但し、インテンシブコースはマンツーマン5コマ+グループ2コマ、ジュニアコースはマンツーマン4コマ+グループ3コマとなります。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です